老眼にいい食べ物、栄養は何?

目のためには、食生活を改善して、栄養のバランスを考えて食事をする、そして、目に良い栄養素を含んだ食べ物を、積極的に食べましょう。
老眼を予防したり、視力を回復させたりするには、なんといっても食生活の改善が何よりも良いと思われます。また、食生活が改善されると、眼の疲労も取れますし、視力が落ちることも予防できます。


近視の方はわりあいに、老眼になるのが遅いことも、実際にあるようです。老眼は、早い人では、30代で出てくる人もいるようです。そして、遅い人で60代ということですから、老眼を自覚する年齢は実際には、30代から60代と、ずい分の幅があります。

この年齢の差は、生活習慣が関係していたり、日々の食事が大きく関係していたりします。
食生活次第では、どんなに健康な人でも、病気になってしまう可能性があります。

では、老眼予防に効果がある食べ物を、目に良い栄養素には、どんなものがあるのでしょうか?これから栄養素と食品をご紹介しますので、老眼を予防したい方や、目の疲れが激しい方、視力低下を予防したい方は、ご参考にしましょう。
まずは、第一に栄養バランスを考えた食事をして、そこに、目に良い食品を取り入れるようにしましょう。

目に良いとされている栄養素、まずは、抗酸化物質です。
老化自体を防止する効果があると言われている抗酸化物質は、当然、老眼予防にもなります。
ですから、抗酸化物質を摂取し続けると、老眼の発症を遅く出来ると言われているほどです。

なかでもルテインは、強い抗酸化作用がある栄養素です。このルテインが不足してしまうと、白内障を始め、目の病気が発症しやすくなります。
水晶体や網膜の中心に位置している黄斑部を守っている成分でもあります。


ホウレンソウや、ブロッコリーなど、色の濃い野菜、緑黄色野菜にルテインが多く含まれていますので、老眼を予防したい方は、これらの野菜を積極的に食べましょう。
それから、コエンザイムも強い抗酸化作用を持つことで知られています。
コエンザイムが多く含まれている食品は、背の青い魚です。
例えば、イワシ、サバなどにはコエンザイムが多く含まれていますし、ウナギや、牛肉、豚肉、豆などにも含まれています。

ルテインやコエンザイムは、食品から摂取できる量は、ほんのわずかだと言われていますので、より効果的にルテインやコエンザイムを得るには、やはり食品にプラスしてサプリメントも利用するのが良いでしょう。
 
 
 
 
FX